3歳の子供の寝かしつけがたった10分で済む方法 | ママと子供の幸せ日記

3歳の子供の寝かしつけがたった10分で済む方法

こどもの寝かしつけ

3歳の娘の寝かしつけは、お布団に入ってから寝るまでいつも1時間はかかり困っていました。

でもある方法を試したら10分ですやすやと寝てしまったのです!!

それは、絵本の読み聞かせ!

この絵本、ただの絵本ではなくて魔法のぐっすり絵本です。

絵本を読むだけで寝かしつけに成功する理由

この絵本は、挿絵は少なくてほとんど文章なのが特徴。

「おやすみ、ロジャー」と「おやすみ、エレン」の著者カール=ヨハン・エリーンはスウェーデンの行動科学者で心理学の専門家。

3年をかけて、実際に効果のある物語、フレーズを練り上げたといいます。

魔法のぐっすり絵本が眠くなる4つの仕掛け

  1. 眠りに落ちるアファメーション効果(自分に言い聞かせることで意識に働きかける効果)
  2. 「も〜っと、も〜っと」「ゆ〜っくり、ゆ〜っくり」などの言葉を繰り返すことで、眠くなる自己暗示のパワーが強くなる
  3. リラックスさせるための自律訓練法がベースになった物語
  4. 寝かしつけを効果的にするための読み方が決まっている

  • 太字の箇所は言葉や文を強調して読む
  • 色文字は、ゆっくり静かな声で読む
  • (あくびをする)、(なまえ)の指示がある

特に色文字をゆっくり静かな声で読むのが効果的のようです。

0〜1歳は効果なし?

実はこの絵本、娘が1歳の時に購入したもの。

買った当時に何度か読み聞かせてみましたが、まだ娘には早かったようでまったく効果がありませんでした。

0歳の下の息子にもまったく効果がありません。

この絵本が効くのは、お話が理解できる年齢になってからだと思います。

2歳後半くらいになれば、だんだんと言語理解力がついてくると思うので、寝かしつけに効果的な方法だと思います。

あんだけ興奮していた娘が、絵本を読み始めると静かになり、スッと寝てしまうのが面白いほどです。

子供が眠くならない4つの理由

たくさん昼間に遊んだはずなのに、なかなか寝てくれないことって多いですよね。

子供が眠くならない4つの理由はこちら。

  1. 十分に疲れが溜まっていない
  2. 日中太陽の光を浴びなかった
  3. 脳の興奮や緊張がある
  4. 夕方に昼寝をしてしまった

寝かしつけをスムーズにする3つの秘訣

1.日中はしっかり遊ばせる

眠気と疲れは比例しています。

mama3 - コピー

十分遊ばせて疲れを溜めておけば、比較的早く寝てくれます。

2.お昼寝は昼食後1時間にとどめる

夕方のお昼寝は疲れが減ってしまうため、夜になっても眠くなりません。

img_3318.jpg

昼食後の早めの午後に1時間程度お昼寝をさせるのがポイント。

3.日中太陽の光をたっぷり浴びる

太陽の光を浴びると、夜暗くなるとメラトニンという睡眠ホルモンの分泌量が増えます。

mama2 - コピー

ぐっすり眠るには、昼間の太陽光をたっぷり浴びて外遊びがおすすめです。

4.夕方は光の刺激を減らす

夕方からテレビやスマホを長時間見るとブルーライトの光によって脳が興奮状態で眠れなくなります。

室内の明かりも夕日のような暖色がおすすめ。

蛍光灯は光の刺激が強いのでおすすめできません。

寝かしつけを10分で済ませる方法まとめ

最初はたった10分で、寝かしつけ?なんて半信半疑でした。

絵本が大好きな娘は普通の絵本だと、何度も何度も「もう一回読んで」とキリがありません。

おやすみロジャーとおやすみエレンの絵本は心理学的効果が実証済みなので、本当に10分程度で寝てくれることに驚きました。

寝かしつけが楽になると自分の時間も持てるようになりました。

物語が理解できる年頃になったら、ぜひおすすめしたい寝かしつけの方法です。

コメント